時事

文化遺産の日にユネスコ見学

この週末は欧州では「文化遺産の日」で、建物の特別公開や、一部の美術館の無料開放などがありました。 私は近場のユネスコへ。過去に数回訪れたことがありましたが、今回のイベントにユネスコは保有している芸術作品を鑑賞してもらうという方法で参...
日々の暮らし

久々に出社

フランスではワクチン接種済みの人が全人口の70%近くになり、これまで在宅勤務だった人も、最初の週1-2日のペースから始めて、だんだんとオフィス勤務に戻っています。 私も久々に会社に行って社食でお昼を食べました。コロナ対策のため各テー...
日々の暮らし

ご近所で蚤の市気分

アンティークの掘り出しものを見つけるなら蚤の市。コロナ禍で今はどうなっているかわかりませんが、パリにもいくつか有名な蚤の市(クリニャンクール、モントルイユ、ヴァンヴなど)があり、定期的にかなり多くの古物商が店を出していました。 しか...
日々の暮らし

君が代は国歌の中でダントツで悲しいらしい

オリンピックとパラリンピックを通じて、君が代が世界に流れることも多かったですが、フランス人の反応は、「日本の国歌って、なんであんなに悲しげなの?」。 「歌詞はあるの?何についての歌なの?」とたたみかけるように聞かれ、長寿や繁栄を願う...
日々の暮らし

フランスで今、日常生活に不可欠なパス

きのうの朝は近所の市営プールに行きましたが、入場するためにはパス・サニテール(直訳すると「衛生パス」とでもなるのでしょうが、ちょっと古臭い感じがしますね)の提示を求められました。 このパスは、ワクチン完全接種を終えた人と、C...
日々の暮らし

パン屋があいてない~

8月のパリの(あまりありがたくない)風物詩といえば、パン屋の夏休み。どこの店も1か月ほど思い切って閉めます(で、その間に改築工事などしたりします)。普段、当たり前のように開いているパン屋さんの存在のありがたさが身にしみる時期です。 ...
時事

東京からパリへ

東京オリンピックもいよいよ閉会式ですね。 開催は絶対無理とほとんどの人が思っていたけど突っ走った。中止を余儀なくされるような大問題は幸いにして発生せず、コロナ禍と酷暑の中、無事終えられるのは本当にラッキーだと思います(最後の最後まで...
日々の暮らし

8月に入りました

オリンピックも日程の半分以上を消化したようですが、いつものオリンピックより盛り上がりに欠けるのはしかたないとしても、競技以外でメディアで紹介されるのは、日本の猛暑、選手村の和食メニュー(好評)、段ボール製ベッド、宿舎からのウォーターフロン...
時事

トロカデロ広場でビーチ気分とオリンピックを楽しもう

なしくずし的に始まってしまった東京オリンピックですが、開会式も昨日無事終わり、今日は日本勢初のメダル獲得の知らせも届きました。 パリのトロカデロ広場には、オリンピックのパブリック・ビューイング用の巨大スクリーンが設置されています。そ...
文化

プチ・パレにて

パリでは美術館も再開し、予約制ではありますが展覧会を普通に見学できるようになっています。 先日久しぶりにプチ・パレの常設展示を見てきました。 数年前に行ったときに、ナビ派などの絵画を展示している部屋の壁が黄色(かなり鮮やかなマ...