また(まだ?)コロナ?

南ア型の新変異種が広まりだし、感染力がデルタ株よりさらに強いとのことで、世界中で警戒が始まっています。今回は早々に予防措置として入国制限強化などをする国も多く、これから年末年始にかけて里帰りをしようと思っていた人たちにも影響が出るのでは?

フランスでは先日、ワクチンの3回目接種が2回目接種の5カ月後から可能(それまでは6カ月後からで、しかも高齢者やリスクのある人が優先されていました)と政府が発表した瞬間に、接種のアポをとることができるサイトへのアクセスが殺到。私も1時間待ってつながらなかったのでそのときはあきらめ、翌朝早くに再トライしてなんとか1月半ばに7区のセンターでのアポがとれました(まだアポの受付を始めていない接種場所も多いので、これからはもっとアポがとりやすくなると思います。私も、もっと早い時期にアポがとれるようならそちらにシフトするつもりです)。

パリはここ数日かなり寒く、体感気温が氷点下になることも。昨夜雨が降ったので今朝は道路が凍らないか心配していたのですが大丈夫でした。クリスマス前なので、地方の特産物(はちみつや、ソーセージや、ワインなど)を売る屋台がこの週末は家の近所に並び、プレゼント用またはおもてなし用に買い求める人たちでにぎわっています。

私のまわりではなぜかこの数週間ほど、土曜の夜に親しい人たちを招いて話に花を咲かせながらちょっとしたごちそうを楽しんでいる人が多いようです。これからクリスマス、大晦日とごちそうが続くはずなのに、全くフランス人の胃袋ときたら…。まあ、これまでコロナで集まれなかった反動でしょうし、また新たに外出制限などが出るかもしれないから、今のうちに楽しんでおいた方がいいことは確かなようですけどね。

2週間ほど前の公園