エッフェル塔がお色直し

エッフェル塔は少なくとも数か月前から工事中。中間部分に網のようなものがかかっているので写真を撮ってもいまいち絵にならないのですが、最近見たニュースによると近々「お色直し」で黄色と茶色に塗り変えられるそうです(ちなみに今の色は茶色とのこと)。このために必要なペンキは60トン。

パリに少し雪が積もった数日後。地面にはまだ凍った雪のまだら模様が残っていました

エッフェル塔は1889年の完成以来、これまで7年に1度の割合で鉄構造のさび止めのために色の塗り変えが行われてきたそうです(真っ赤に塗られた時期もあるとか)。20回目となる次回のお色直しは、2024年のパリ五輪に向けて若返りをアピールするものになります。

かつて私の姪たちがまだ小さかったころ、パリに遊びに来てこの塔をひとめ見たとたん「エッフェル塔って、しょぼいじゃん」といったことを思い出します…。まあたしかにペンキの状態って大事ですよね…。