グランパレ仮設別館、3月末にオープン予定

グランパレというと、シャンゼリゼ通りからちょっと入ったところにある、特別展に特化した美術館。催事用の貸しスペースもありパリコレ等に使われたりします。

そのグランパレ(1900年のパリ万博のために建設)が建物老朽化に伴う改修工事のため数年間閉館することになり、その間の催事用貸しスペースとして仮設別館(グランパレ・エフェメール)が昨年からエッフェル塔のすぐそばに建設中。

エッフェル塔とエコル・ミリテール(旧陸軍士官学校)に挟まれた位置に建てられます

面積約10,000㎡のこの仮設別館、Covid-19のせいで工事が遅れて(パリではいまだ各種イベントが開催できないので急ぐ必要もなかったのかも)いましたが、ついに3月末にオープン予定だそうです。もっとも、その前にイベント等の開催禁止が解かれることが必要ですが…。

こちらの仮設別館は2024年のパリ五輪まで取り壊されない予定で、FIAC(国際現代アートフェア)、馬術のエルメス杯やシャネルのパリコレ・ショーなどの開催が計画されているそうです。

完成予想図
工事中の入口。ガラスには、道路をはさんで向かい側にあるエコル・ミリテールが映り込み、また一部ガラスが写っていない箇所からは、奥にあるエッフェル塔が見えます