フランスのバレンタインデー

日本ではバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを贈る日ということになっていますが(日本のチョコメーカーのマーケティング戦略によって根づいたものでしょうね)、フランスでは、男女問わず愛する人にちょっとした贈り物をしたりする日。

贈るものはチョコとは限らず、花束やアクセサリー、あるいはレストランで食事というのもあり。

また、日本のように「告白」の日というわけではなくて、すでに付き合っているカップルや夫婦間で愛情をかたちにするといった感じですかね。

ただ今年はパリのレストランはいまだに営業が再開されていないので、いちばん多かったプレゼントは花束だったんじゃないでしょうか。バレンタインデー当日の日曜朝早くからどこの花屋も張り切って店を開けていました。赤いバラの花束を抱えて歩く男性も女性も見かけましたね。