プチ・パレにて

パリでは美術館も再開し、予約制ではありますが展覧会を普通に見学できるようになっています。

先日久しぶりにプチ・パレの常設展示を見てきました。

数年前に行ったときに、ナビ派などの絵画を展示している部屋の壁が黄色(かなり鮮やかなマスタードの色)なのに度肝を抜かれ、いかに当時「からし色」が流行っていたとはいえこれはどうなのか、と思わず日本で美術雑誌の編集に携わる友人にメールしてしまったくらいでした。

で、今回、同じ部屋を訪れてみると、壁のトーンは同じ黄色のままでしたが、少し彩度を落とした色に変更されていました。あー、ほっとした。絶対、私と同じ意見だった人がいて、美術館に投書でもしたのだと思います。

数年前の壁の色
今の壁の色

プチ・パレには中庭とカフェ・レストランがあり、静かにくつろげます。 パリ市立美術館の1つに数えられるプチ・パレは、常設展示なら見学は入場無料ですし、人が少なくてゆっくり見られるので、デートにもおすすめかも。