冬眠から目覚める

最近パリは不安定な天気が続いています。少し前に27℃という夏のような気温まで上がったと思ったら、この数日は最高気温が14℃くらい。急に小雨が降るし、いつもの5月のさわやかな陽気とは違うので、体調が万全ではない人が多いようです。

とはいえ、5月19日からはいよいよカフェのテラス席や、美術館、劇場、映画館、生活必需品以外(ファッションなど)の店舗が営業を再開する予定なので(最初は入場者数の制限があるはずですが)、以前の生活と活気が徐々に戻ってきそうです。6月からは少しずつ観光客も入ってくるのではないでしょうか。

フランスではワクチン接種を急速に進めていることもあって、「トンネルの先が見えてきた」ような安堵感を抱いている人が多いような気がします(これまで長い休業や外出制限で精神的に疲弊している人が多すぎた)。

完成間近のグランパレ・エフェメールの周りには白い小さなテントが並んでいて、おそらく近日中にプレス向けの内覧会があるのでしょう。この夏は旅行やお出かけが自由にできるといいなあ。

薄紫のリラの花が咲いていました