5月1日はスズラン

5月1日のメーデーはフランスでは祝日です。働く人のための日というわけで、休業する店舗もわりとあります。

フランスではこの日に家族や親友など大切な人に、幸運をもたらす花としてスズランを贈る習慣があり、朝から街のあちこちににわか仕立てのスズラン売りのスタンド(というか、単に机を1つ出すだけですが)が出現します。

フランス赤十字社などは募金代わりにスズランを売りますが、お小遣い稼ぎに無許可で売っているシロウトも結構いたりします。

花屋もこの日のためにしっかり仕入れをして売っていますが、値段を見ると今年はずいぶん高いなという印象を受けました(小さい鉢植えが1個9.9ユーロ、3個セットで20ユーロとか)。

私の場合は、近所のパン屋でいつものように買い物をしたところ、なんとお客さん全員にスズラン1輪をプレゼントしてくれていました。うれし。

スズランは控えめだけど清楚で可憐で、好ましい花ですよね。香りもほんのりと甘やかで、小さな幸せを感じさせてくれます。